So-net無料ブログ作成

はしか・風しん予防接種率が微増-昨年4-9月・厚労省調べ

くまもんって

熊本のゆるかわキャラクター

なんだけど

年間、グッズ販売でものすごく

かせいでるんだよ

この間熊本に旅行にいったら

どこもかしこもくまもん関連グッズ、おみやげ商品

だらけ!!子供たちはお小遣いを全部

くまもんに貢いでしまった

 昨年4-9月の麻しん(はしか)と風しんの定期予防接種の接種率が、集計した3つの対象年齢のすべてで、前年同期から微増していたことが26日、厚生労働省の調べで分かった。各年齢の接種率は、5割台か6割台だが、都道府県ごとにばらつきがあり、特に中学1年に相当する年齢の人(第3期)では、約5割から約9割までと差が大きかった。

 今回集計したのは、4つの対象年齢のうち、小学校入学まで1年以内の幼児(第2期)と第3期、高校3年に相当する年齢の人(第4期)。はしかと風しんを混合したMRワクチンの接種者が多いことから、はしかと風しんの接種率は全年齢でほぼそろっており、第2期は60.5%、第3期は65.3%、第4期は56.3%。前年同期に比べると、それぞれ2ポイント程度増加していた。

 昨年4-9月の接種率を都道府県別に見ると、最も高かったのは、第2期では石川(はしか・風しん共に72.7%)、第3期では茨城(はしか91.1%、風しん91.2%)、第4期では佐賀(共に76.0%)。一方、最も低かったのは、第2期が高知(同43.5%)、第3期が福岡(同53.8%)、第4期が神奈川(同39.8%)だった。

 厚労省の担当者は、前年から接種率が微増しているものの、都道府県ごとに差があると分析。昨年から流行が続いている風しんについては、例年は春から夏にかけて流行するため「今後も注意が必要」と指摘している。また第3期と第4期の人に対しては、はしかと風しんの定期接種の対象から来年度に除外されるため、「特に早く接種してもらいたい」と呼び掛けている。【佐藤貴彦】
(この記事は医療介護CBニュースから引用させて頂きました)

育毛剤で髪の毛の改善がみられた方はいらっしゃいますか?
また、なんという育毛剤ですか?


- 回答 -
育毛剤ではありませんが、亜鉛の摂取が抜け毛や育毛には効果的であると、以前テレビ番組で言っていました。病院の治療でも亜鉛は使われているそうです。
高くない値段(千円以内)で、コンビニやドラッグストアでサプリメントが簡単に手に入るので、(個人差がありますが)一度試されてみるのも良いかと思います。

育毛剤は皮膚に合わなかったら余計に悪くなるというイメージが私にはあるので、抜け毛予防のためにサプリで亜鉛を取っています。実際、無添加のシャンプーやベビーシャンプーを使ったら、頭皮が赤くなったことがあります。

“育毛”“亜鉛”で検索すると詳しい情報がたくさんあります。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)






nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。