So-net無料ブログ作成
検索選択

人気の街で凶行…絶たれた22歳の美容関係の夢 吉祥寺女性強殺

まだまださむいですね

こちら九州はあめです

またなにかありましたら連絡さしあげます

 美容関係の仕事をするため、出身の青森県むつ市から上京した山田亜理沙さん(22)は、最寄りの吉祥寺駅から徒歩約10分、家賃約7万円のアパートに1人暮らし。志半ばで凶刃に倒れた悲報に、大家の親族は「感じのいい女性だったのに、なぜ…」と言葉を詰まらせた。

 埼玉県川口市内のファストフード店で約1年前からアルバイトを始め、このアパートには1月中旬に引っ越してきたばかり。真面目で仕事熱心で、高校生や大学生が多いバイト仲間にとっては、プライベートな話も聞いてくれる「お姉さん的」な存在でもあった。

 バイト歴では先輩だった女子大学生(19)は「年下の私がアドバイスしても、『分かりました』と素直に応じてくれた。『大学生なんだからいっぱい遊んで楽しんでね』と声を掛けてもらったこともあった。『今度一緒に遊びに行こう』と約束していたのに、かなえられなくなっちゃった」と肩を落とした。

 凶行の舞台となった吉祥寺は、雑誌やテレビ、インターネットの「住みたいまち」ランキングで常に上位に入り、山田さんと同世代の若者にも人気が高い。現場は吉祥寺駅から北西に約700メートルの「吉祥寺大正通り商店会」の一角。住宅や幼稚園、雑貨店が密集し、若者に人気の衣料品店やカフェ、飲食店も多い。

 近くに住む美容師の男性(24)は「どうしても吉祥寺に住みたくて選んだが、まさか、同世代の女性が殺されるなんて考えもしなかった」と驚いた様子。

 ただ、地元住民の間では近年、治安の悪化が不安視されていた。現場周辺では、数年前から店舗の壁などにスプレーで落書きをされる被害が相次ぎ、週末には若者同士のケンカも頻繁に見られるという。昨年12月19日未明には、帰宅途中の男性が3人組の若い男に顔を殴られ、現金を奪われる被害が起きている。

 商店会では今回の事件を受けて防犯カメラの設置を検討し始めたといい、関係者は「若者がたくさん訪れて活気が出るのはいいが、まずは住民が最低限の安全、安心を確保できるようなまちづくりを考えないといけない」と強調した。
(この記事は産経新聞から引用させて頂きました)

育毛剤について
最近デコの生え際が薄くなってきていて、少しハゲてきたような気がします。育毛剤やシャンプー等いろいろな商品があって、迷っています。オススメの育毛剤教えて下さい。現在34歳です。



- 回答 -
生え際に育毛剤はタブー。現在生え際を戻す育毛剤は開発されてません。
ミノキ系のロゲインやザンドロックスなどもありますが、
頭頂部には効いても生え際には効きません。逆効果の報告も多々あります。
安易に試すと後悔しますよ。

シャンプーは弱酸性のアミノ酸系の物をおすすめします。
ケンコーコム辺りの通販か、近くのドラッグストアにあります。
値段は安いもので十分です。高いもの使っても禿げは治りません。

あとはプロペシアでも精神安定剤変わりにでも飲んで
食生活を正して様子を見るしかないですね。
とにかく生え際の回復は一番困難な場所ですから、
進行してもしょうがないくらいの気概でいきましょう。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)






nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。